「かかりつけ薬剤師」になる費用は会社が負担するべきもの?

「かかりつけ薬剤師」になる費用は会社が負担するべきもの?

「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にしたことはありますか? 最近では、かかりつけ薬剤師指導料等の施設基準にもなっている「かかりつけ薬剤師」ですが、その認定における要件として研修認定の取得が必要であったり意外と大変なものなのです。 この研修費用を「会社負担とするべきなのではないか」と主張する薬剤師がいるようです。

会社が求めて研修を受けるよう指示しているのであればそれが当然なのでは?と感じる方も多いと思いますが、私はこの意見に少し疑問を感じます。

まず、「かかりつけ薬剤師」になるためではなく以前から研修に積極的に参加していた薬剤師であれば、この認定取得はそれほど大変なものではないはずだからです。

社会において、かかりつけ薬剤師が注目され始めたからといって、あわてて研修制度を受けるようになったから苦労しているのではないでしょうか。 そうした考えを持って研修に臨んでいるのであれば、薬剤師としての自分の知識を深めるために研修に参加するのだという基本的な気持ちが抜け落ちてしまっているように感じられます。

「私がかかりつけ薬剤師指導料を算定してもらえるようになれば、薬局全体の利益にもつながるはず。だから、研修に必要な費用は経費にしても良いではないか」という主張は、薬の専門家として日々自己研鑽に励む他の薬剤師に対してあまりに恥ずかしい発言だと思います。

では、「かかりつけ薬剤師」は今までと同じような条件で仕事に励むべきだと思いますか? 決してそんなことはなく、むしろ、かかりつけ業務はしっかりと評価されるべき業務内容です。

1人の患者さんと1人の薬剤師の間の信頼関係から成り立つかかりつけ業務は、個々の患者が求める個別の医療に対応していく手助けとなることでしょう。 「かかりつけ薬剤師」として確かな業務実績を積み上げてきた、地域医療の一端を担える薬剤師に対してはそれなりの評価がされて当然だと思います。

本当の意味で患者から信頼されるような、日々薬学の知識を深めている薬剤師が増えてくると嬉しいものですね。